婚礼プラン詳細 二次会のみ 挙式のみ   アルバム作成 申込みフォーム 了解事項 撮影経験会場 スマホ専用サイト
料 金 ギャラリー Web Album    リンク集 事業者概要 ブログ 婚礼用語辞典 TOP



雫写真事務所 ウェディングスナッププラン

「個人事務所」であること、「デジタルカメラの使用」&「徹底した合理化」で格安料金を実現させたため、前もってご了解いただく事項がございます。

ご注文後のトラブルを防ぐため、下記、よくお読みの上、全項目ご了解いただけた方のみ、お申し込みをお受けいたします。

★機材トラブル時の補償・・・
 
 機材管理には十分気を使っていますが、デジタルカメラは精密な電気製品のため、予期せぬ故障が発生することが、まれにあります。万一「メインカメラ」が故障した場合は、同時並行して撮影している「予備カメラ」の画像を使用させていただきます。ただし、予備カメラだけでは枚数が少なくなります。
 トラブル発生のために、きちんとした写真が撮れなかった場合は、そのトラブルの程度により、撮影料金を値引きいたします。ただし、これは撮影料金を最大限とし、撮影料金を無料にする以上の”補償金”はお支払いできませんので、ご了解下さい。

 また、デジタル一眼レフカメラを使用する関係で、その特性上、まれに画面上に小さな埃が写りこむことがあります。ご了解下さい。


★カメラマンのトラブル・・・
 
 零細個人事務所のため、「カメラマンが当日急病になり、行けない」「交通機関に事故が発生し、到着が遅れる」などのトラブルが発生する可能性もゼロではありません。大きな遅刻・出張不能の場合は、撮影料金をいただきません。しかし、それ以上の”補償金”はお支払いできませんので、ご了解下さい。(急病等の場合、他のカメラマンを手配するよう努力しますが、確実に手配できるとは限りません)

※「プロのカメラマンに頼んだから、他の誰にも頼まなくても大丈夫」とは思わずに、保険の意味合いもこめて、親戚や友人に、「ハイライトシーンだけでも撮影して」と、カメラマン役をお願いしておくことをお勧めします。プロがちゃんと来たとしても、あくまでも1名ですから、友人カメラマンに別角度から撮影してもらうと、いい写真が撮れる場合があります。


★お客様側に起因する機材トラブルの補償について・・・・

 「酔っ払ったお客様がカメラマンにからんで、カメラを壊した」「小さなお子様がカメラをいたずらして壊した」「ビールなどの水分をかける余興を行ない、カメラがそれをかぶって故障した (ただし、事前にそのような余興を行なうことを具体的にお伝えいただいた場合は除く)」といった場合には、その後撮影続行が不可能になった場合でも、撮影料金をご返却することはありません。また、お客様側に機材の修理代をご負担いただくことがあります。


★思っていたような写真が撮れていない。イメージと違う。友人が撮ったほうが表情がいい・・・・

◎婚礼雑誌に掲載された写真をイメージして注文された方の中で、「あんなふうに撮れていない。これじゃプロじゃない」とお怒りになるお客様がまれにいると、他の業者さんから聞いたことがあります。
 誤解しないでいただきたいのですが、雑誌に掲載される写真や、業者のホームページに掲載される見本写真というのは、普通の条件の写真でないことが多いです。素敵な写真を撮影するために、特別なシチュエーション(「プロのモデルを使用」「特別なメイクを実施」「カメラマン2名以上、照明用などに助手数名を加えた多人数で撮影されている」「写真撮影のために進行を遅らせたり、一時中断したり、会場側も協力して特別な演出を行っている」など)で撮られたものが多いです。また、掲載する前にコンピューターでさまざまな補正や加工が行われています。「こんな写真を撮って欲しい」と、雑誌のページを切り取ってお持ちになるお客様もいらっしゃいますが、当方では「無理かもしれません」と正直に答えております。どんな一流プロカメラマンでも、一般的なお客様の披露宴で、何百万円もかけて撮られた大手出版社の雑誌の見本写真と同等のものを撮影することは不可能だとお考え下さい。

◎また、式場側のスタッフの質が悪いと、いい写真が撮れません。一流ホテルでもあるのですが、「スポットライトの当て方が下手」「キャプテンや介添さんが気の利かない人で、写真に写りこんでしまう。邪魔をする」「進行を急ぎ、写真撮影の時間をとってくれない」といったケースがあります。

◎式場の設備面の問題でうまく撮れないことがあります。プロの場合、会場の白い天井や白い壁にフラッシュの光を反射させて「間接照明」で被写体をきれいに撮るという手法を使いますが、「壁の色が白くない」「天井がすごく高い」「壁にガラスや鏡が多用されている」といった場合、間接光テクニックを使えません。

◎「海に面した会場で、全面ガラス張り」といった、景色の素晴らしい会場がありますが、これは、写真撮影においては、「完全に逆光。外がまぶしすぎる」「ガラスにフラッシュの光が反射する」という、非常に苦しい条件になり、うまく写真を撮ることができなくなります。「絶景=きれいな写真が撮れる」とはなりませんことをご理解下さい。同様に、鏡を多用した会場は、「フラッシュが反射するため、正面から写真が撮れず、斜めからしか撮れない」といった制限があり、撮りやすい会場ではありません。

◎当プランでお渡しする写真は、RAW現像により、「明るさ」や「色合い」の調整は行ないますが、「美肌修正」「レトロ調加工」といった、PCソフトによる「特殊修正」は行ないません。

※最近、環境志向の強まりに伴い、会場内の一部の照明を、白熱灯からLEDに変更するところが増えています。 
 白熱灯とLEDは、人間の目にはわかりにくいですが、実際はかなり色が異なります。また、スポットライトについても、演出効果の高い「青色が強調されたもの」が流行しており(左の写真参照)、ひとくちに「会場内の照明設備」といっても、実際はいろいろな色のものが複雑に混ざり合っているケースが増加しています。このようなところでは、「その会場で何十回も撮影している専属カメラマン」でもない限り、適切な発色で撮影することがなかなか難しい状況です。最新型のカメラであっても、人間の目の感じ方に近い最適な発色にすることが困難で、お客様によっては、不自然に感じられることがあるかもしれませんが、ご容赦下さい。

◎仲の良い友人に対する時の表情と、今日初めて会ったばかりのカメラマンに対する表情には、おのずから差が出ます。お二人は当日はかなり緊張されているはずですし、人見知りをされる新郎新婦の場合、初対面のプロカメラマンに向かって、なかなか笑顔で応えられないことがあります。この辺がプロの弱点です。友人カメラマンの場合、「技術的には下手でも、素晴らしい表情の瞬間を捉えている」ということがあります。

◎「目つぶり」。いわゆる”瞬き”ですが、頻繁に瞬きされる癖をお持ちの方の場合、すごくいい写真が撮れても、目をつぶっているため使えない、ということがよくあります。「私はいつも写真の時、目をつぶってしまうんです」「普段はメガネ使用だが、結婚式にあわせてコンタクトに変えた(=目をパチパチしやすい)」という方は事前にお伝え下さい。同じシーンでも、なるべく多くのシャッターを切るようにします。

◎また、デジタルカメラの写真はフィルムと比較して、「階調表現が少し劣る」などの特性があり、「しっとりとした深みのある色」は出にくいです。


★撮れていない場面がある・・・

 事前打ち合わせの段階では「メイクシーンも撮影できる」だったのに、当日急に式場側から「撮影できない」などと言われることがあります。「チャペルの中を自由に動き回って撮影して良い」と言われていたのに、当日の牧師が神経質な人で、「一箇所からしか撮影してはいけない」と制限されることもあります。式場側内部の調整がいい加減だったせいです。また、最近の披露宴では携帯電話やコンパクトデジカメ、写るんです、などの気軽なカメラが増えたために、カメラ撮影するお客様が大勢いらっしゃいます。こういった方が突然私どもプロカメラマンの前に立ちふさがって、障害となり、大事な場面が撮影できなかったり、このお客様の後ろ姿が写り込んだ、ということもよくあります。ご了解下さい。(挙式時、バージンロードの真ん中にいきなり入り込んで撮影する強心臓の方もいます。)

 事前に「○○を撮影します」とリクエストをうかがっておいた場合でも、当日、「メイク・衣装のお支度上がりが予定時間よりも遅れたために、そのあとの進行が詰まってしまって、撮影の時間をカットされ、撮れなかった」ということがよくあります。当方のミスに起因するものではない場合は、責任を負えません。特に、「知人の美容師(ブライダル経験の浅い人)を会場に持ち込んで支度をしてもらう」といった場合、予定の時間をオーバーすることはよくあることです。
 また、「入場前の披露宴会場の装花やテーブルセッティングの完成状態の様子を撮影する」といったリクエストをいただいても、「前の組の披露宴が延長になったために、宴会場のセット変更の時間が短くなり、スタッフがてんやわんやで準備している」といった場合は、スタッフの作業を中止してもらって撮影することは不可能なため、リクエストにおこたえできないこともあります。

 また、式場内の写真室スタジオの中に、式場専属カメラマン以外が入ることは、業界のモラルとして不可能です。「スタジオで記念写真を撮っているところを横からスナップして欲しい」といったご要望にはお応えできません。


★現場で撮影にあたるカメラマンは基本的に1名です・・・

 1名ですから、「同時に別の角度から撮影する」ことは不可能です。例えば、「チャペルのバージンロードを歩く新婦と新婦父の姿を、前方からと後方からと、両方から同時に撮影して欲しい」といったご要望にはお応えできません。


★プロのビデオが入るとうまくいかないことがあります・・・

 スナップ写真とビデオの両方のプロが入ると、「ベストポジションの取り合い」「双方ともに、お互いの姿を写りこまないように配慮しなければならない」「狭い会場では居場所がない」など、撮影がしにくくなり、いい写真が撮れなくなることがあります。
 両方注文する場合は、必ず当事務所にも「プロのビデオが入ります」と事前にご連絡ください。(できれば、業者名もお教え下さい) そして、「どちらを優先するのか」あらかじめ決めておいて下さい。「ビデオ優先」ということであれば、写真のほうは遠慮しがちに撮影します。「フラワーシャワーのシーンなど動きのあるものだけはビデオ優先で」といった場面指定もOKです。
なお、外注のビデオを発注する場合は、当事務所の知り合いのカメラマンですと、チームワークよく、写真もビデオも両方良いものが撮りやすくなります。(リンクページ参照

★キャンドルサービスをしながらの「各卓写真撮影」はお引き受けできません。

http://photohappy.blog54.fc2.com/blog-entry-1818.html
詳細はこちらのブログ記事をご覧下さい。暗い中での「各卓写真撮影」は、危険を伴いますし、技術的にも非常に難しく、きちんと撮影できる保証がないため、当事務所ではお断りしています。

★あまりにも細かな「ご希望」には応えられません・・・
 
 「二人を中心に撮って欲しい」「イメージカットを多く撮って欲しい」「ポーズづけはせずに自然な姿を撮って欲しい」「友人をたくさん撮って欲しい」といった要望にはお応えできるのですが・・・。
 これも婚礼雑誌の影響か、まるで映画監督のように、「撮影位置はここから」「アングルはここから」・・・等、非常に細かな注文をされる方がまれにいっらしゃいます。
申し訳ありませんが、式場やホテルの専属カメラマンでない私どもの場合、会場に精通していないため、詳細な指示をされても、お応えできない場合があります。ご了承下さい。
「ロビーの螺旋階段で撮影して欲しい」といったご希望は、お応えしますが、事前に会場側に対して「撮影時間の確保」のお手配をお願いします。

★ご希望事項は、5日前までにお伝え下さい・・・・
 
まれに、前日に「〜して欲しい」と、希望をお伝えくださるお客様がいますが、出張中でメールが受信できないこともありますし、ご希望に対応する準備が間に合わないこともあります。特に、「最初はメイクシーンは不要と思ったが、やっぱり撮って欲しいから、予定よりも、2時間早く来て欲しい」と、直前に言われても、対応できません。ご希望事項は、5日前までにはお伝え下さい。
 日曜日の撮影のお客様で、前日の土曜日にお電話やメールをいただく方がいますが、土曜日は婚礼撮影で終日忙しくしているため、応対できません。



★ご注文キャンセル・・・

いったん申し込んだ後に、お客様の御都合で撮影の注文をキャンセルする場合、以下に定めるキャンセル料(二次会のみ撮影も含めた全プラン共通です)を頂戴します。 

<披露宴当日の41日前まで> 無料
<披露宴当日の40日前〜21日前> 10,000円
<披露宴当日の20日前〜当日> 20,000円


キャンセルのお申し出をされた日から10日以内に、当事務所指定銀行口座にお振込下さい。(振込手数料は御負担下さい)


★写真画像の保管期間・・・
 
 当事務所では、撮影した画像のデータは3ヶ月経過後に消去いたします。3ヶ月以降に「もらった画像を間違って削除してしまったために、再度DVDを作って欲しい」と言われても対応できません。御注意下さい。

★DVDメディアについて・・・
 
 DVD−Rメディアについては、国内企業のものを使用し、いわゆる、「バッタ物」は使っておりませんが、メーカーが言っている、「DVDメディアは半永久的に持つ」というのは事実ではありません。「保存状態が悪い」「扱い方が悪く、傷をつけてしまった」などの場合、読み取り不能になってしまうことはよくあります。画像データはご自分で自由にコピーできますから、万一に備えて、バックアップを二重三重にとっておくことを、お勧めいたします。

★撮影写真の「著作権」に関して・・・
 
 当事務所で撮影した写真は、当事務所に著作権が所属します。お客様にお渡しした写真は、お客様が個人で利用なさる場合は自由ですが、二次的に商業利用などで使用する場合は、必ず、事前に当事務所の許諾を得て下さい。場合によっては、「二次使用料」が発生する場合があります。
(例:お客様にお渡しした、「結婚式の写真」を、結婚式を挙げた結婚式場のスタッフが見て、「この写真、素敵なので、今度新しく作成する、式場の宣伝パンフレットで使わせて下さい」と頼まれて、お客様が「いいですよ」と写真の元データのコピーを渡してしまった。 というケース。この場合、お客様の許諾だけで、写真を掲載することはできません。著作権者である、当事務所の許可が必要になります)

★お客様のカメラをお預かりして撮影することについて <重要>
 
 婚礼の現場では、来賓のお客様から、「カメラマンさん、私のこのカメラ(スマホ)で撮って下さい!」とご依頼を受けることが多々あります。
 当方ではお客様へのサービスの一環として喜んでお引き受けいたしますが、「最近のカメラはとても小さく、かつ薄くなり、非常に持ちにくい。ストラップもついていないことが多い。スマホは、グリップなどがなく、持ちにくい。また、一度に何台ものカメラを預けられることもある。このため、誤って床に落としてしまうことがある」「カメラ本体は小型化しているのに、液晶画面は大型化し、このため、操作ボタン類がとても小さくなり、わかりにくい。また、カメラごとに操作方法が大きく異なり、たとえ写真のプロであっても、自分のカメラでないと、正確に操作できない。上手に写真が撮れない」「プロが使用する一眼レフデジカメと違って、コンパクトデジカメは画角が狭く、広い範囲が写せない。このため、狭い場所に大勢が並ぶケースでは全員が入らない」といったケースが発生します。この場合でも、当方としては一切の責任を負えませんので、あらかじめご了解下さい。「カメラマンに預けたら、カメラを壊された」と言われても、補償はしません。
 また、会場の責任者から、「お客様のカメラを預かって撮影することは、進行を遅らすためにやめて欲しい」と禁止される場合があります。この場合は、当方としてはお引き受けしたい気持ちはヤマヤマですが、残念ながらお断りさせていただきます。



勝手なことばかりで、まことに恐縮ですが、上記事項すべてをご納得いけた方のみ、お申し込み下さい


SHIZUKU PHOTO OFFICE

債務整理太陽光発電