雫写真事務所 写真ギャラリー
おすすめ 結婚式場ご紹介
<東京品川 ストリングスホテル東京 インターコンチネンタル  さん>


実際に当事務所が撮影させていただいた写真をもとに、「ストリングスホテル東京」さんでの挙式~披露宴の様子をご説明します。
(※宣伝費をもらっているわけではないので、どこかの雑誌みたいにヨイショ記事だけを書くことはしません。
良いところも悪いところもご説明してしまいます)   2012-4

ホテル公式HP

   <アクセス>

東海道新幹線が停車するようになってから飛躍的ににぎやかになった「品川駅」。

その「東口(=港南口)」(品川プリンホテルや高輪プリンスホテルのある方とは反対方向)からすぐにところ、雨が降ってもほとんど濡れないで行ける場所に、このホテルはあります。

便利な新幹線停車駅ということで、品川駅周辺の婚礼施設は、現在の不況下でも、にぎわっています。
   これがその建物。超高層の立派なビルです。
といっても上から下まで全部というわけではなく、ホテル部分は、上層の26階から32階までになり、その他はオフィスが入っている「複合ビル」です。

写真で見る、上のほうの窓が細かくなっている部分が客室です。

   私の好きな俳優さん「児玉清」さん(アタックチャンス! でお馴染み)が愛したホテルとしても有名です。
   ここは、26階。ホテル部分の「フロントフロアー」。
このように、最上階まで吹き抜けになっていて、意外と開放感があります。初めて来た人は、「ビルの上のほうに、こんな空間があるとは!」と驚きます。

右側の黒い部分は「シースルー・エレベーター」です。これがかっこいいです。
   
  中央部分が「橋」のように、こんもりとしていますが、実は、その下には「池」があり、水が流れています。

左側に、このホテルで唯一の「宴会場」があります。 
   これが、その、唯一の宴会場、「コロッサス」。

普通のホテルには複数の宴会場があるものですが、このホテルはここ1ケ所だけ。

つまり、「1度に1組の婚礼しかできない」ということで、ホテルとしては非常に珍しい、「貸切状態にできるホテル」なんです。
  中はこんな感じ。

左側は、全面、「窓」。
高層ビルからの眺めは最高です。

天井はさほど高くありません。

広さも、中程度で、収容人数はMAX70名程度でしょうか?

わりと、シックな雰囲気で、ちゃらちゃらしてなくて、大人向けかもしれません。私は好きです。 

ただ、「結婚披露宴」を前提にした設計ではないため、照明とかAV機器とか、そういう「設備」面は貧弱です。
  実は、このホテルは、設計の際に、「結婚式〜披露宴を行なう」という考えがなかったようです。

このため、普通のホテルにある「写真スタジオ」「美容室」「衣装室」「専用の親族控室」「着替え室」「婚礼専用クローク」といった定番施設がありません。

こういったことは「弱点」ではありますが、逆に、「いいこと」もあります。


 
   このホテルで挙式をするカップルには、自動的に、「スイートルーム 2連泊」がセットされるようです。

ここは、31階の角部屋。スイートルームです。

実は、ここで、新郎新婦は「メイク〜お着替え」をします。「お支度室」を兼ねているのです。
   この部屋からの眺望。
遠くには、レインボーブリッジ〜お台場も見えます。
   角部屋のため、2方向の眺めが楽しめます。
   ここは「客室」ですから、当然、貸切で、メイクシーン撮影も可能です。
   ビデオさんが撮影中。
  お支度ができあがった時点で、ちょっと1枚。 
   新婦お父上と1枚。
   客室を出て、ホテルのフロント階へ降ります。
  シースルー・エレベーターの中

画面左下で、ビデオカメラマンが撮影中です。 
  フロントのフロアーに下りて、池の前で記念撮影。

 
   建物の中なのに、この広い空間。

すごいです。

   続いて、場所を宴会場の中に移し、窓をバックに、「記念写真タイム」です。
   
   その後、ご親族の控室へ移動します。
この「橋」(下は水を張った池になっています)が、このホテルの売りです。
  ここ、親族控室に向かう途中の「廊下」なんですが、雰囲気がいいので、無理を言って、ここでちょっと撮らせてもらいました。
   親族控室にて。

  ご両家の親族紹介 
   宴会場前の、ホワイエにて、ご親族の集合写真。
(このホテルにはスタジオ設備がありません)
   挙式開始。

挙式専門会場がないため、宴会場の中を区切って、臨時の「挙式スペース」を作って行ないます。
   新婦入場。

お母様がベールダウン。
   
   今回は「人前式」です。
   誓いの言葉
   
   
   ベールアップ 〜 誓いのキス
   
   
   
   挙式後、受付を開始します。
  普通は、新郎新婦は控室の中にいるものですが、今回の新郎新婦は「お客様をもてなしたい」ということで、披露宴前の時間を利用して、宴会場前で待っているゲストの皆さんのところに行って、写真を撮ったり談笑していました。


 
   まもなく、披露宴開始です。

   ちょっと、変わった、「シャンパンタワー」
   この宴会場。「こういうのって、いいなあ」と思ったのが、宴会場の隅に、このような「応接スペース」のようなものがあること。
飾りつけは自由なので、本棚部分に、新郎新婦の思い出の品物を置いたり、披露宴の途中に、ゲストにここに来てもらってくつろいでもらったり。いろいろ使えます。
   
  入場


 このホテルのキャプテンは、なかなか優秀と見ました。
  高砂側は大きな窓ガラスがあり、眺望が最高です。 
主賓挨拶 
   
   
   
   
   
   お色直し退場
   
   こういうシーンは、このホテルでないと撮れません。
   エレベーターの中からは、こんな景色が見えます。
  和装にチェンジしました。 
   
   
   
   ご両親へ記念品贈呈
   新郎謝辞
   
  お客様をお見送り 
   最後にまた記念写真を。


どうかお幸せに。
ストリングスホテルさんの総評

<短所>
・ホテルの入口がちょっとわかりにくい。
・写真スタジオとか、来賓控室とかがなく、婚礼用施設としては設備面で貧弱。きっちりとした記念写真は撮れない。
・宴会場内の音響や照明施設も貧弱
・宴会場はそんなに広くなく、大人数での婚礼は無理。
・眺望はいいが、逆光状態になるので、写真は撮りにくい。
・新郎新婦の控室(スイートルーム)と宴会場の間の移動に時間がかかる。
・デザインのコンセプトは大人っぽく、わりと渋め。派手目が好きな人には向かない。
・ゲストの人が披露宴前に待っている際に、椅子がもうちょっと欲しい。足らない。

<長所>
・品川駅至近の便利な場所
・高層ビルで、眺望最高
・実は、トイレからの眺めもこれまた最高
・宴会場が1室しかないため、貸切感覚で使える。他の組と重ならない。
・新郎新婦の控室が最上階のスイートルーム。豪華で広くて、最高。
・シースルーエレベーターがかっこいい
・スタッフは良質なほう
・落ち着いた雰囲気が好きな人にはあっている。
・外部カメラマンに対する制限がない。(これ、最高)

総じて、好印象のホテルです。宣伝費はもらっていませんが、お勧めしていいと思っています。
なお、上記のとおり、普通のホテルとはかなり違うので、このホテルでの経験がないカメラマンにはちょっときついと思います。

 

all photo by SHIZUKU PHOTO OFFICE (著作権は雫写真事務所にあります)

ギャラリーINDEXへ戻る


債務整理太陽光発電