雫写真館  ウェディングギャラリー

<横浜の真ん中の小さなホテルで、リーズナブルで中身の詰まった素敵なウェディング
 ホテル横浜ガーデンさん>


ネット公開OKのご承諾をいただいたお客様の写真を掲載します。
ご協力に感謝いたします。
2011/7


※<お断り> 当事務所では、コスト削減のために、撮影した写真データを「画像修整処理」をすることなく、お客様にお渡ししています。
本ページに掲載した写真も、修整は行なっていません。「こういう写真が納品される」とお考えになっていただいてけっこうです。

   横浜 関内にある「横浜スタジアム」
   そのすぐ横にある小さなホテル。
  ホテル横浜ガーデンさん

みなとみらい地区などの大規模ホテルと比較するとあまり目立たないホテルですが、小さくても、中身の濃い、コストパフォーマンスの高い婚礼を行なっていて高評価です。
スタッフも優秀だと思います。 
ただ、以前は、カメラマンの持ち込み料がなく、その点でも「お勧めの式場」だったのですが、今は、高額な持ち込み料をとるようになったのが非常に残念です。お客様のことをもっと考えて欲しいなあ。
  このホテルは、地下に美容室と写真スタジオがあります。
美容室でメイクが終わると、写真室で記念写真を撮ります。

今回は、そのあとに、1階に上がって。 
   
   このホテルの「売り」である、1階〜2階の大階段のところで記念写真を撮影します。
   こんな感じに撮れました。

(でも、この裏では、画面に他のお客様が写り込まないようにと、スタッフの隠れた努力がありました)
   撮影後は、6階に上がって、親族控え室へ。

(このホテルは土日は、1台のエレベーターを「新郎新婦専用」とするので、移動は早いです。また、全体的に小さなホテルのため、館内を長距離歩くなんてこともなく、楽です)

このあと、ここで親族紹介が行なわれます。
 
チャペルは同じ6階にあります。
これも移動が楽で、お年寄りなどにはありがたいです。
面積は狭く天井も低いですが、白を貴重にした明るい雰囲気で実際の面積以上に広く感じます。
ミニチュアながらパイプオルガンもあります。
  今回のお客様は、チャペル内での「人前式」を選択なさいました。

「人前式」には、決まったルールがなく、自由にできますが、今回は、「キリスト教式風」の進行です。

まず、先に新郎が一人で入場します。 
   次に、新婦&新婦お父様の入場です。

入り口で新婦お母様がベールダウンをしました。
   
   新郎とバトンタッチします。
  人前式の場合、新郎新婦は参列者のほうを向いて進行します。 
  <参考写真>

これは通常の教会式の場合の写真です。
牧師が祭壇に登り、新郎新婦は十字架のほうを向き、参列者には背中を向けます。 
  誓いの言葉の朗読です。

このように、ずっと参列者のほうを向いていますから、客席からの写真も撮影しやすくなり、お客様も喜びます。 
  指輪交換 
   指輪のご披露
   
   そして、ベールアップ〜誓いのキス
   小さなチャペルなので、新郎新婦と客席が近く、親密感が増します。
  誓約書にサインをします。 
   お披露目です。
   拍手の中、退場。
  チャペルの外の、ロビースペースを利用して、(ちょっと狭くて大変だけど) フラワーシャワーで祝福します。 
   新郎新婦はその後、美容室へ戻って、しばしお化粧直しタイム。

その間、ゲストの皆さんは受付を行ないます。
   披露宴会場の準備も整いました。ここは5階 フリージアの間。

小さな宴会場で、天井が高くないので、少し圧迫感があります。

このホテルでは数年前にリニューアルを行ない、どちらかというと、黒っぽい、「渋い」色調に変りました。
かっこいいんですが、写真を撮る側とすると、暗くて、ちょっとやりにくいです。
   
   宴会場のすぐ前のロビーで受付を行ないます。受付終了後はそのままここで待ちます。
  ロビーには、いちおう、椅子もあるんですが、人数分はなく、立ったまま開宴を待つお客様もいます。 

こういうところが小さなホテルの弱点かもしれません。
  このホテルはBGMの「生演奏」に力を入れています。
音楽好きの人にはポイントが高いです。

普通は、ピアノ&ベース&サックスのトリオ編成ですが、今回は、2種類だけ。その理由はのちほど。 
   披露宴の開始です。
   
   
   ご主賓の挨拶
   ケーキ入刀

なんと、「譜面」です。びっくり。
  最近は、デジカメで撮影するお客様が多く、このように、記者会見状態になります。 
   ファーストバイト

ケーキの食べさせあいです。
  乾杯! 
   
   
   ブーケプルズを行ないました。

そして、お色直し退場へ。
   お色直しはなんと和装。

光る液体を使ったアクアファンタジアでの再入場。
   
   きれいな光です。
   
   さて、ここで、このホテル特有の演出が登場。

チーズリゾットの実演サービスです。
   実は、この樽のように見える容器そのものがチーズの塊なんです。

チーズ好きの私にとっては、おなかがなる場面です。うまそうだなあ。
  お客様のカメラでの記念撮影も、スタッフが気持ちよくやってくれます。 
   なんとなんと、女性陣へのブーケプルズに対抗して、男性陣への「日本酒プルズ」も行なわれました。
   八海山。これ、おいしいんです。
   つづいて、豪華商品をめぐる激しい戦い、大ジャンケン大会。

いい年した大人たちが大興奮。
でも、なぜか、賞品がかかると、人間って興奮するんですよねえ。不思議。

すごい盛り上がりました。

今回の新郎新婦、ゲストのみなさんを楽しませるよう、いろいろ努力なさってます。素晴らしい。
   
  そして、今日の真打登場!

なんと、お二人とも、サックスの名手。

プロのピアノとベースを従えてセッションして、生演奏の披露です。

これはお見事でした。

女性のバリトンサックスは珍しいです。(すごく重いので、首に負担がかかります。体力がないとできません) 
   新郎新婦揃っての生演奏が聞けるなんて、最高です。
   
   ご両親への感謝の言葉
   新郎からのご挨拶 そして お開きへ
   お見送りです
   プチギフトは新潟のおいしいお米でした。
   一番最後のビッグイベント。

大階段での全員集合写真。

2階から、カメラマンが撮っています。

これはいい記念になりますよ。


このように、このホテルは「小さなホテル」という設備面での不利を克服すべく、いろいろと考えています。がんばっているホテルだと思います。


※小さな建物ゆえ、遠方からおいでになったお客様が道に迷うことが多いので、招待状には、詳細な地図を同封することをお勧めします。



Happy Happy Wedding Congratuations!

All Photo  by  雫写真事務所

all photo by SHIZUKU PHOTO OFFICE (著作権は雫写真事務所にあります)


      雫写真館 ウェディング トップへ戻る


債務整理太陽光発電